レバウルフに含まれている成分は?

更新日:

レバウルフとは、お酒を飲み過ぎた時に飲むといいと言われている医薬部外品です。会社で飲み会があって、ついつい飲み過ぎてしまうという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。忘年会や歓送迎会など必ず出席しなければいけないイベントもありますし、会社帰りに先輩や同僚から誘われるということもあります。また、週末などは友人とお酒を飲むのが楽しみという人もいます。思いっきり羽目を外してしまい、次の日に二日酔いに襲われることもあります。二日酔いの代表的な症状として挙げられるのは、胃のむかつきや吐き気になります。
レバウルフは、そういった二日酔いや悪酔いの症状を改善してくれます。どんな成分が含まれているのかというと、ウコン・ウルソ・ニンジン・生姜・センブリ等です。ウコンは二日酔いに効くとして有名な成分で、生薬として古くから用いられてきた歴史があります。インドが原産で、インドの伝統医療であるアーユルヴェーダにも用いられます。ウコンには、クルクミンという成分が含まれています。クルクミンには胃や肝臓の働きをサポートする作用があり、二日酔いの症状を緩和する効果が期待できます。
そもそも何故二日酔いが起きるのかというと、アルコールが分解されて生じるアセトアルデヒドが肝臓で処理しきれずに残ってしまうことが原因です。体内に入ったアルコールは、肝臓で分解される仕組みになっています。肝臓でアセトアルデヒドになり、それがアセテート(酢酸)になって血液にのって全身を巡ります。アセテート(酢酸)は筋肉や脂肪などで二酸化炭素と水に分解され、汗や尿として体の外へと排出されていくのです。
アセトアルデヒドには、吐き気や頭痛などの症状を引き起こす作用があります。お酒を飲み過ぎるとアセトアルデヒドの量が増え、分解が追いつかずに体内に残ってしまうことで二日酔いを招きます。そこでウコンが胃や肝臓の働きをサポートすることが、アセトアルデヒドの分解を促して不快な症状を取り除くことにつながります。
レバウルフに含まれているウルソにも、消化機能や肝機能を高める働きがあります。肝臓から分泌されている胆汁酸の分泌を活発にしてくれます。また、消化酵素の働きを助ける作用もあるので、食べ過ぎた時の胃もたれや消化不良などを改善することができます。そのためウルソは、滋養強壮剤や胃薬などにも配合される成分です。胃腸を保護する働きもあるので、お酒を飲む前に飲んでおいても効果があります。
ニンジンには、ミネラルやサポニンといった成分が含まれています。サポニンには肝機能を向上させる働きもありますし、老化の原因になる活性酸素を取り除く抗酸化作用もあります。血液中のコレステロールや中性脂肪が活性酸素によって酸化されると、過酸化脂質に変化します。過酸化脂質の量が増えると肝臓は炎症を起こしてしまうので、肝機能の低下を招いてしまいます。サポニンには過酸化脂質を抑制する働きがあるので、肝機能を高めることにつながるのです。また、サポニンには血流を改善する効果や肥満を予防する効果もあります。
生姜は冷えに良い成分として知られており、体を温める作用を持っています。生姜に含まれているジンゲロールやジンゲロン、ショウガオールが体を温めてくれます。それにより汗をかきやすくなったり、尿として有害物質が排出されやすくなります。センブリには独特の苦味がありますが、体の中の運動を活発にして消化不良を解消してくれる働きがあります。センブリ茶なども良く知られていて、お通じを良くして便秘解消に効果が期待できます。こういった働きによってレバウルフは、二日酔いの症状を改善することができるのです。

-レバウルフ

Copyright© レバウルフを最安値で購入できるのはドコなのか!?効果・成分・副作用を踏まえてコスパについても考察! , 2019 All Rights Reserved.